血圧を下げる緑茶【機能性表示食品】



こちらでは、血圧を下げる効果のある「機能性表示食品」の緑茶健康食品管理士である私が紹介しています。

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは「○○に効果がある」という記載を消費者庁より認められた食品のことを言います。

本当に効果あるの?

「機能性表示食品」として許可を得るためには、科学的根拠に基づいたデータを提示する必要があります。
今回の「健康緑茶」については、公式サイトによると、実際に人間で行ったヒト臨床試験のようです。
また、高血圧の人・そうでない健康の人と、血圧を下げる成分と偽薬を比較するという二重比較試験を用いているので、データの信頼性は高くなります。

血圧が高い人におすすめ?健康食品管理士の視点から

高血圧は、個人差もありますが、人によっては脳梗塞・心筋梗塞など命にかかわる疾病を引き起こす原因にもなります。
現在の医学では薬によって、血圧を安定させることは簡単です。
がしかし、それを何年も飲み続けると、やはり肝臓に疲労がたまり、目に見えないところで、さまざま障害が怒ることが予想されるので、長期の内服はおすすめしません。
ですが、今回の緑茶とであり、さらにヒハツ由来のピペリンが血圧を下げるということは、食品由来なので、薬よりかは長い目で見ると安全だと言えます。
だたし、効果には個人差もありますので、絶対ではないことをご了承ください。
さらには、最終的には健康食品に頼るのではなく、日頃の食事・生活を改善して血圧を安定させることをおすすめします。
それを理解した上で、一時的に血圧を安定させたいというのなら、【大正製薬/血圧が高めの方の健康緑茶】をおすすめしておきます。
大正製薬の公式販売ページはこちらです。



コメントは受け付けていません。